桜紀行

 三隅大平桜

島根県三隅町/エドヒガンザクラ/樹齢650年/国指定 99/4/4

sakura-ohira1.JPG (30410 バイト)三隅公園の土手に
立つ三隅大平桜

PentaxZ5p/28-70mm

sakura-ohira2.JPG (48862 バイト)江戸彼岸と山桜両方の
性質を持つ貴重な品種

PentaxZ5p/28-70mm

sakura-ohira3.JPG (20055 バイト)
 三隅大平桜もまた山中にある。その名は、所有者
が大平家であり地名も大平であることに由来し、大
平家の祖先が、馬をつなぐために植えたと伝えられ
ている。江戸彼岸であるが、花はやや大きく山桜の
特徴を持っている。

 道に迷い、大平桜に着いたのは11時頃であった。
日曜日で花見客が多く、広場には売店が並び、舞台
では神楽が演じられていた。

 桜を見下ろす場所で、絵を描いている人がいた。
近づいてみると、日本画家の中島千波(ちなみ)さ
 
     んだった。千波さんには薄墨桜など桜を描いた傑作があるが、桜の画家と言ってもいいほどの第1
     人者である。

      許可を得て千波さんの写真を撮らせていただく。今年は、この桜が最初で、中旬から下旬にかけて
     会津の桜をスケッチに行くとのこと。NHK−BSの桜特集で、千波さんの桜に対する思いと桜の作
     品を拝見してから、すっかりファンになったが、千波さんと言葉を交わすことが出来、感激であった。