桜紀行

岡山県の桜並木

高梁市/木野山駅、津山市/鶴山公園 2000/4/12

  ● 高梁市/木野山駅

     伯備線の備中神代駅で、特急列車を離合待ちしていた貨物列車の機関士に、「このあたりは桜はまだ早
     いですね」と話しかけると、「木野山駅がいい」と教えられ、行って見ると見事なソメイヨシノの並木だった。

     oka-kinoyama1.jpg (128189 バイト) oka-kinoyama2.jpg (118519 バイト)
     おなじみのグリーンとオレンジの普通列車。    貨物列車と交換する特急スーパーやくも。

  ● 津山市/鶴山公園

津山城址が公園として整備されたのは明治33年(1900)であるから、今年でちょうど100年になる。石垣が見事で、園内には数千本の桜が植えられているという。とにかく、透き間なく桜の花が 広がっていて絢爛豪華である。

      oka-kakuzan1.jpg (254259 バイト)
      城跡の一番上の広場から見ると、花の雲海の上にいるような錯覚が起きる。

oka-kakuzan2.jpg (232469 バイト)
夕方の逆光線の中の桜並木。

oka-kakuzan3.jpg (133409 バイト)
城跡の石垣に満開の桜の花が映える。

oka-kakuzan4.jpg (128701 バイト)
デザインがきれいな蓋の上に散る桜。