近代化産業遺産としての建築

近代化産業遺産


 
 


近代化産業遺産という言葉は文化庁が命名したものであり、その定義は下記である。

近代的手法によって造られた建造物(各種の構築物、工作物を含む)で、産業・交通・土木に関わるもの。

具体的には、造船所や鉱山・製鉄所・製糸工場・煉瓦製造工場・ビールやワインの醸造工場などの産業関係、駅舎・機関庫・橋梁・トンネル・軌道などの鉄道施設、道路橋・灯台・船舶などの交通関係、護岸・埠頭・防波堤などの港湾施設、潅漑用水・運河・閘門・ダム発電所施設・上下水道などの土木関係。


これらハードのみでなく、ソフトを含めたシステム全体と考えてよいだろう。

近代化の過程で生まれた建築には、他の建築にはない魅力がある。
それは、機能美である。学舎建築に見られるような装飾的美しさではなく、
その建築本来の機能から必然的に生まれた美しさである。


参考サイト 日本の近代土木遺産



←真夏の陽射しを受けたシモレン煉瓦窯
(97/7/20 栃木県野木町/明治22年頃/国指定)


 since 2015/7/31