山頭火と歩く

到津遊園

08/10/10 EOS40D


到津の森公園の観覧車付近にある句碑は山頭火の自筆。
人影ちらほらと あたゝかく 獅子も 虎も ねむってゐる
 
この句は、昭和9年2月21日、福岡地方を行乞の折に、小倉の到津遊園で詠まれたものである。

到津遊園は昭和7年(1932)の開園で、終戦後は、西日本鉄道が経営してきたが、経営不振により北九州市に譲渡され、改装後、2002年に到津の森公園として再出発した。

昔から遠足の定番だったが、今も幼稚園児でにぎわっている。

←この日の獅子はよく動いていた。
 素通しのように見えるが、ガラス
 で仕切られている。