巨樹セレクション
2009

定めの松

島根県大田市/樹齢約400年/市指定
09/6/8/ K10D/16-50


三瓶山へむかう県道30号線沿いにある。江戸初期、大森の石見銀山の代官が一里塚として植えたもので、
ここを往来する人々の道標となったので、「定めの松」と呼ばれるようになった。
近くに「片腕の松」という老松があったが、雪により枝が折れて枯れてしまったという。



    


[巨樹セレクション][次へ]