鉄道セレクション 高原列車

koumi-c56.jpg (90065 バイト)
          C56の引く客貨混合列車(野辺山付近)1972年撮影:寺門邦夫氏

      高原列車と言えば小海線、小海線と言えば高原列車。高原のポニーと呼ばれたC56が健在だった
     頃から、小海線は高原列車の代名詞であった。

      小海線は、中央本線の小淵沢としなの鉄道の小諸を結ぶ全長約79kmの高原鉄道である。この線
     にはJR最高地点の駅・野辺山があり、その標高は1375mに達する。

      小淵沢を発車した列車は、甲斐駒ケ岳を背景に、築堤を大きくカーブして高原へと入って行く。鉄
     道は八ヶ岳の東山麓を走っていて、特に清里や野辺山あたりから見る残雪の八ヶ岳は素晴らしい。

      高原を走りぬけると佐久平に入り、やがて小諸に至る。小諸駅は信越本線上にあったが、長野新幹
     線の開通と同時に民営化され、しなの鉄道との分岐駅になっている。

      小海線は、初夏の頃が最も美しい。

koumi-pony-c56.jpg (115605 バイト)塚本和也 写真集『高原のポニー C56』
1998年 グラフィック社 3800円

鉄道研究家であり、写真家であり、文筆家である
塚本和也氏は、鉄道写真界の大先輩である。

C56を語るとき、氏の存在をぬきにしては語れ
ない。氏は、C56をこよなく愛し、「C56の
塚本」と呼ばれるほど、C56に関しては第一人
者である。

氏にはじめてお会いしたのは、1991年2月の
能登だった。恒例のC56・C57の重連運転の
撮影に同行させていただいた。

氏とは、その後お会いしていないが、年賀状は欠
かすことなく、交換させていただいている。

1998年に出版された『高原のポニー C56』
にはわたし宛の自筆サインがあり、C56への思
いをつづった長文の手紙が添付されていた。
    

koumi-nobeyama.jpg (170776 バイト)冬枯れの色が残る高原の春
(野辺山ー信濃川上)

96/4/28 PentaxZ5p/28-70mm


koumi-nobeyama2.jpg (175763 バイト)このあたりから見る八ヶ岳
が最も美しい
(野辺山ー信濃川上)

96/4/28 CanonT90/135mm

koumi-kobutizawa.jpg (141043 バイト)甲斐駒ケ岳を背に、夕暮れの
築堤を行く
(小淵沢ー甲斐小泉)

96/4/28 CanonT90/80-200mm

[鉄道セレクション]