鉄道セレクション

 美祢線は厚狭川に沿って走っている。ところどころで厚狭川を
  渡るので鉄橋も多い。山が迫っているからトンネルもある。

 厚狭から湯ノ峠の先・松ヶ瀬までは国道316号線に沿ってい
 るが、その先から美祢まで国道からはなれる。美祢でふたたび
 国道に沿って走る。


 ただし、松ヶ瀬から厚保までは山間部に入り、鉄道に沿う道は
 ない。この区間を除けば、国道や県道から近くてアクセスしや
 すい。国道はかなり交通量が多いが、ちょっと国道からそれる
 だけで、のどかな風景に出会える。

美祢線の石灰石列車


 美祢線では石灰石輸送が盛んで、たくさんの貨物列車が走って
 いた。いずれ撮影に行こうと思っているうちに本数が激減し、
 1998年4月1日からは1往復のみとなってしまった。

 その後、岡見の三隅発電所から美祢の宇部興産へ石炭灰、美祢
 から岡見へ炭酸カルシュウムの輸送がはじまった。午前中の運
 用は、厚狭から灰を美祢へ運び、美祢で宇部興産の専用線へ引
 き渡し、重安から石灰石の貨車を引いて厚狭へ戻ってくる。


sl-mine.jpg (51189 バイト)
1972年12月、はじめて美祢線をたずねた。
当時はD51だった。
 

dl-mine-anmonaito.jpg (53041 バイト)
 
美祢は世界有数の化石の産地。

鉄道撮影の合間に美祢化石館や歴史民俗資料館をたずね、太古のアンモナイトなどの化石をぜひご覧ください。

 
  厚狭〜湯ノ峠
  湯ノ峠〜厚保

  厚保〜四郎ヶ原

  四郎ヶ原〜美祢

  美祢・重安
 
美祢線あらかると



 

[鉄道セレクション]