四郎ヶ原〜厚保 05/11/24 10:17 *istD/16-45(20)  朝は曇っていたが、列車が来る頃には快晴の空になった。

上の写真の位置から少し四郎ヶ原方向へ戻ったところに、小さなトンネル・熊の倉随道がある。

1905年の建造から今年でちょうど100年になる。厚保側はコンクリート補強されているが、四郎ヶ原側は補強がなく、イギリス積みの煉瓦の造形が美しい。

Index次へ