鉄道セレクション

三井化学専用鉄道の前身は福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にあった三井三池炭鉱の専用鉄道である。1997年の炭鉱閉山により大部分が廃線となったが、旭町支線とよばれた約2キロの区間だけが専用鉄道として残った。そして今、大正時代生まれの電気機関車が鹿児島本線で運ばれてきたタンク車を工場へ受け渡し している。  <サムネイル画像をクリックしてください>

三井化学専用鉄道