鉄道セレクション

鳥羽一郎が歌う「昭和北前船」に「唄うおけさを 寒風山が 肩ふりながら きいてるぜ」という歌詞があり、寒風山という山があることを知った。標高は約355mで、山容はなだらかであるが、あたりに山がないため遠くからよく見える。寒風山が見える男鹿線には、国鉄型気動車のキハ40系が健在だった。05/10/21

男鹿線

    


八郎潟調整池と海とを繋ぐ船越水道にかかる鉄橋を渡る。左手後方には寒風山が見えている。
船越〜天王 *istD/16-45(16)
    


寒風山直下の田園をゆく。羽立〜脇本 *istD/16-45(45)
    

鉄道セレクション