鉄道セレクション

1977年1月末から2月初めにかけて、台湾へ鉄道撮影に行くことになった。帰国した夜は東京泊まり、翌日夕方の九州行き寝台特急まで時間があるので、青梅線をたずねてみることにした。

撮りたいと思っていたのは、軍畑付近の鉄橋、川井付近の鉄橋、川井から奥多摩方にある大カーブだった。時間の制約があり、大カーブを撮れなかったが、二つの鉄橋を撮ることができた。

青梅線1977
1977年2月4日

1977年当時、青梅線には旧型国電と石灰石列車を引く旧型電機が走っていた。青梅線は遠く簡単に行ける距離ではなかった。


■軍畑(いくさばた)のガーター橋


鉄橋を北側から撮る。貨車1両と車掌車だけの小編成がやって来た。


鉄橋を南側から撮る。すぐ右手が軍畑駅。このあたりまで来ると谷が深い。


軍畑駅を発車して鉄橋を通過する。ED16は1983年に引退しEF64に引き継がれた


奥多摩行き旧型国電クモハ73。青梅線の旧型国電は1978年3月に引退した。


■川井のアーチ橋


奥多摩行き旧型国電で、先頭車両はクハ79。


奥多摩行きED16けん引の石灰石列車。この日の午後は雨模様の天気で、谷から霧が舞い上がっていた。

Home鉄道セレクション|