鉄道セレクション


  
ついこの間まで、筑豊本線ではレッドトレ
  インをよく見かけた。山陰本線から、そし
  て久大本線からレッドトレインがいつの間
  にか消え、気が付くと、2000年10月
  時点で、レッドトレインは4本にまで減少
  していた。そのうち2本は門司港との間を
  往復しているので、純粋に筑豊本線を走っ
  ているのは2本である。

  レッドトレインが走るのは、朝2本、夕方
  2本である。これから日が短くなると、朝
  6時台と夕方6時台の2本は走行写真の撮
  影が少し難しくなるが、その最後の走りを
  しっかりと自分の目とフィルムに定着させ
  ておきたいと思う。
           

九州最後の普通客車列車
///筑豊のレッドトレイン///

  50系客車が最初に導入されたのは、昭和53年(1978)
  筑豊本線であった。その後、久大本線、山陰本線など各地で導
  入され、レッドトレインと呼ばれて親しまれた。

  筑豊本線は、2001年10月6日に電化される。それにとも
  ない、レッドトレインも廃止される。レッドトレインは、筑豊
  本線で最後の時をむかえることになる。       (01.08.26)


■門司港駅

  red-mojiko.jpg (131069 バイト)  red-mojiko2.jpg (83495 バイト)
  昼下がりの門司港駅を筑豊へ旅立つ2639列車。   夕暮れの門司港を発車する2647。
    1989.6.17                                      2000.10.15


      秋の夕 門司に佇み 終着を惜しめばにじむ汽車の赤さや  いつか作

  red-mojiko-tyaku.jpg (102931 バイト)  red-mojiko-hatu.jpg (115761 バイト)
  
8時10分門司港着2630列車(左)、17時21分門司港発2747列車(右)。
  2001.8.27 CAMEDIA


   
sanpo-42-dd51-3.jpg (74667 バイト) sanpo-42-dd51-2.jpg (81267 バイト)  sanpo-42-dd51.jpg (74042 バイト)
   客車を引くDD51型ディーゼル機関車。雨に濡れた車体とプレートが光る。客車から機関車を見る。
   2001.10.01 CAMEDIA


    red-mojiko261.jpg (172176 バイト) red-mojiko262.jpg (132463 バイト)
    待避線からホームへ移動するため構内から出てくる。  飯塚行き2747列車の発車。01.09.26
    2001.09.26


      ■門司港ー門司  ■門司ー折尾  ■若松ー折尾  ■折尾ー飯塚