石仏セレクション

伯耆国分寺石仏(五体石仏)

鳥取県倉吉市国分寺 2000/4/28

        sekibutu-hoki1.jpg (369473 バイト)

sekibutu-hoki2.jpg (169657 バイト) 倉吉市国分寺には、万葉歌人の山上憶良も国司として赴任していた伯耆国庁跡があり、隣接して伯耆国分尼寺跡 、伯耆国分寺跡がある。

国分寺跡の歴史公園近くの社小学校の前庭には、5体の石仏が置かれている。もとは国分寺の塔跡付近にあったものだという。

笑っている像、瞑想している像、泣き出しそうな像、その表情はどこかエキゾチックである。奈良時代に作られたものだとすれば、1200年以上の時を経ている。