石仏セレクション
2006

十六羅漢と五智如来  岩手県盛岡市茶畑羅漢公園/市指定  06/5/19 *istD/16-45


 かつて、ここには宗龍寺というお寺があったが、明治17年(1884)の大火で焼け落ち、十六羅漢と
 五智如来の21体の石像のみが残った。この石像は、凶作による餓死者を供養するため、13年の
 年月をかけて嘉永2年(1849)に完成した。どの石像も見上げるばかりの大きさである。


  

  


[石仏セレクション][次へ]