石仏セレクション
2002

川場の石仏  栃木県川場村 2002/9/20


 
 川場の石仏の中で一番気に入っている
  のが、新井の如意輪観音。


 川場村は、石仏の多い所である。実に様々な
 石仏に出会える。じっくりと2日間くらいか
 けてまわりたいのであるが、今回も、数時間
 立ち寄っただけだった。よく晴れて気持ちの
 天気だった。

 
 子育慈母観音、マリア像のようでもある。
 川場で最もよく知られている石仏。

               

 
 
足踏道祖神と名付けられた双体像、1747年の作。

 
 
畑の中に立つ2体の青面金剛庚申塔、1700年の作。

 
 
中川場神社の肩組み道祖神、1734年の作。


[石仏セレクション][次へ]