石仏セレクション2003

 秋吉台の山焼きが悪天候のため、2度順延され2月25日に
 なった。雲は多いものの雨が降る気配はない。それなのに、
 現地へ行ってみると、山焼きは中止になり26日にまた順延
 されていた。朝方、秋吉台では雨が降ったのだろうか。やむ
 なく、美祢線のセメント列車を撮影し、以前から見てみたい
 と思っていた弘法山の石像をめざした。

弘法山の石像

山口県美祢市 2003.2.25 CAMEDIA E-100RS



山道の途中の岩の上に、雪だるまのような石像が置かれていた。
                  


祠の中におさめられていた石像。鼻欠け美人。

武人の石像。大きな目玉をしている。

弘法山は、伊佐小学校の裏山だというが標識が全くない。
竹林の中で作業をしている人に道を聞いて山道を登るが、道は途中で方々へ分岐していて方角が分からない。
ともかく、一番はっきりした道を進み、何とか石仏へたどり着いた。
石仏は大きな岩の上に7体、2基の文字碑といっしょに立っていた。