石仏セレクション

草野の恵比寿像

福岡県久留米市

2001.11.26
CAMEDIA E-100RS


sekibutu-kusano1.jpg (163339 バイト)
矢作公民館横の大きな恵比寿。ちょっと分か
りにくいが鯛を左脇にかかえている。
(万延元年、1860年建造)

七福神のひとつである恵比寿は本来は漁業神である。近世に入って、門前町や城下町に定期的に市がたつようになり、市恵比寿が祭祀されるようになり、商売繁盛の商業神へ変化した。

福岡県南部から佐賀県にかけては恵比寿像をよく見かける。佐賀市内の旧長崎街道沿いにもたくさんの恵比寿像が残っていた。

久留米市の東、草野をたずねたときに恵比寿像を見かけたので、草野歴史資料館へ問い合わせると、草野歴史資料館だより第11号「草野の恵比寿」という資料がファックスで送られてきた。

sekibutu-kusano-gion.jpg (100188 バイト)
祗園社の堂々たる門構え。ここには恵比寿像が4体ある
が、うち3体は内部に安置されているようだ。他の1体
は、江戸期のものを昭和29年に再建したものであった。

sekibutu-kusano-a.jpg (47857 バイト) sekibutu-kusano-b.jpg (54289 バイト) sekibutu-kusano-c.jpg (48271 バイト) sekibutu-kusano-d.jpg (49260 バイト)
  草野上町        草野新町       祗園社お旅所      祗園社お旅所


[石仏セレクション][次へ]