石仏セレクション
2006

前山百体観音  長野県小谷村/町指定  06/5/18 *istD/16-45





 

西国三十三番、秩父三十四番、坂東三十三番を模した百体の観音像があったが、長い年月の間に失われ約八十体のみとなっている。江戸末期のものと考えられるが、信州伊那の高遠石工によって造立された。塩の道・千国街道の西端に位置している。

 


[石仏セレクション][次へ]