石仏セレクション
2004

南明寺の石仏  山口県萩市  2004/3/23  PENTAX*istD/28-70


南明寺は平安時代に創建された古刹で、裏山の中腹には萩市文化財の観音堂がたっている。南明寺は樹齢約300年の枝垂桜で知られている。境内入口付近の坂道には、江戸末期の銘が彫られた石仏群がある。


幹が空洞になった糸桜越しに地蔵を見る。
                


赤い帽子の地蔵と三丁と刻まれた地蔵丁石。


左から地蔵、一丁地蔵、千手観音。
              


[石仏セレクション][次へ]