石仏セレクション
2008

大寧たいねい寺の石仏
山口県長門市  08/9/19 K10D

 応永17年(1410)、大内氏一族により創建された曹洞宗の古刹で
  大内氏の菩提寺となっている。長門湯本温泉のすぐ近くにあり、
 紅葉の名所として知られている。



 

境内のあちこちでお地蔵さんが出迎えてくれる。
 
釈迦三尊と十六羅漢。造立は、延宝5年(1677)の山門再建と同時期と考えられている。
大寧寺川対岸の「三笑岩」付近の崖上にあったが、崖や石像の風化が進んだため、2005年に境内に移された。
 


[石仏セレクション][次へ]