石仏セレクション
2005

遠野五百羅漢  岩手県遠野市  2005/11/1 *istD/16-45


苔むした自然石に線彫りされた羅漢像。天明2年(1765)に、度重なる凶作で餓死したひとの供養のため大慈寺の19代義山和尚が読経しつつ刻んだものと伝えられている。




   


  

  

  


[石仏セレクション][次へ]