石仏セレクション

菅生(すがお)の石仏

北九州市小倉南区菅生
2001.3.5 CAMEDIA E-100RS


北九州市南区菅生には、北九州で唯一の滝らしい滝がある。夏は、
避暑客でにぎわうが、冬場は尺岳への登山客が立ち寄る程度で、
あたりに人影はなくひっそりとしていた。

小倉南区道原(どうばる)から菅生の滝方面へ向かうと、左手に道
原貯水池があらわれ、赤松畑との分岐点に石の道標が立っている。
左へ行けば赤松畑の梅林へ達するが、菅生へは直進する。

途中の菅生寺にも石仏があるが、さらに直進して道の尽きる所に
ある菅生神社周辺や、神社から滝へ向かう道端にはたくさんの石
仏が立っている。

高さ50cmくらいの舟形石に刻まれたものがほとんどであるが、
木漏れ日を浴びた石仏の表情は愛らしい。

sekibutu-sugao-dohyo.jpg (71933 バイト)
明治30年造立の道標。
 sekibutu-sugao.jpg (90435 バイト)
 
菅生寺の小さな滝の前の弘法大師像。

sekibutu-sugao-taki.jpg (129405 バイト)
菅生の滝。滝は古来から信仰の対象であった。
この滝にもしめ縄が張られ、周辺には石仏が安置
されている。

 sekibutu-sugao3.jpg (78266 バイト)  sekibutu-sugao2.jpg (74517 バイト)  sekibutu-sugao1.jpg (72413 バイト)

 菅生の滝近くにある菅生神社付近で見かけた石仏。いい表情をした石仏ばかりである。


[石仏セレクション][次へ]