司馬遼太郎の風景 種子島みち 住吉、種子島城址、門倉崎、熊野浦

tane-takesaki.jpg (203855 バイト) わたしは、2本のハサミを愛用している。ドイツのゾーリンゲンと種子島のものである。どちらも、買ったときと切れ味が変わらない。

 種子島では、島のあちこちで砂鉄が採れ、古来より製鉄が行われていたという。

  16世紀に伝来した鉄砲づくりの技術と古来からの製鉄の伝統が、よいハサミを生んだのであろう。

 司馬遼太郎さんが種子島をおとずれたのは、1975年9月28日から3日間であった。

 喜志鹿(きしが)崎から門倉崎まで国道58号線沿いに立ち寄り、南東海岸の熊野浦で旅を終えている。

   浜昼顔の咲く真夏の竹崎海岸。
     左が種子島燈台、正面が宇宙センター。
   95/7/22 CanonT90/28mm

tane-sumiyosi.jpg (111429 バイト)
住吉のガジュマル。
95/7/21 NikonF4s/24-50mm



 浜津脇から海岸に
沿った国道をたどっ
てゆくと、やがて住
吉という漁港に出る。

 漁民の守護神の住
吉の神の名をそのま
ま地名にしているの
だが、見たところ神
社はなさそうだ。

 「いや、あれが神
社です」と、井元さ
んが、右側の山寄り
の森を指さした。

 照葉樹でおおわれ
たきれいな丘で、社
殿はなく森そのもの
が神域になっている
あたり、いかにも古
代の信仰形態そのも
のであり、沖縄の御
岳(うたき)とも共通
していた。
tane-yojyo.jpg (113101 バイト)
種子島城跡のアコウ。
95/7/23 NikonF4s/24-50mm



 墓域を出てから、
種子島家の城跡に行
ってみた。

 市役所に近い所だ
が、この一角だけは
樹木が多く、市街地
に近いようには思え
ない。

 台上の城跡は、榕
城中学校という学校
の校庭になっている。

 中学校の門までは
幾段かの石段をのぼ
るが、登ってから道
路を見おろすと、い
かにも城郭の気分が
出てきて、舗装され
た道路までが古格を
帯びてくる。



tane-kadokura.jpg (121730 バイト) 牛野を離れてしばらくゆくと、海ぎわが崖になった。道路は海から遠ざかってゆき、丘の間を縫った。

 さらにゆくと島が狭くなり、やがて道路が崖で尽きた。

 門倉崎である。

 風がつよく、崖ぶちへゆくには勇気が要った。木の枝をにぎって崖の下を見ると、島の根をゆるがすようにしてはるかな下で海が騒いでいる。

 天文年間にポルトガル船が漂着したというのは、この崖の下の海であった。ふ
つう、八月二十五日とされる。台風の季節といっていい。
 
 鉄砲伝来の地・門倉崎。95/7/21 NikonF4s/24-50mm

tane-tikura.jpg (180837 バイト) 渚にいくつもの奇岩があって、その一つが波に浸食されて洞穴を作っており、沖合から波がゆるやかによせてきてやがて岩を打つたびに洞内に轟音が走って、
渚にまで突き抜けてくる。

 「この岩は、千座ノ岩屋というんです」と、運転手さんが教えてくれた。

 岩屋の上にホコラが祀ってあることから察して、土地の信仰の対象になっているらしい。

 浜ぜんたいを千座というのかときくと、いや浜ぜんたいは別の名前です。熊野浦です、と運転手さんがいった。熊野浦とはここかとあらためて海浜のあちこちを
眺めた。

  天然の造形・千座(ちくら)ノ岩屋。
    95/7/21 NikonF4s/24-50mm

 
[司馬遼太郎の風景]