司馬遼太郎の風景 梼原街道 佐川の町並み、東津野村の茶道、神在居の千枚田、三島神社、宮野々番所跡、
茶屋谷へ、越知面へ

 土佐(高知県)に梼原(ゆすはら)とよばれる山ふかい町がある。ユスハラは、土佐のチベットやきに、などと
 いわれた。まことに気になる土地で、二十余年来、そこへゆきたいと思いつつ、果たさなかった。

 司馬さんが国道197号線の梼原街道を旅したのは、1985年10月7日から9日であった。大阪空港から高知空
 港へ。高知空港でタクシーをチャーターして、佐川の町をめざしたのではないかと思う。東津野村を経て、梼原に達
 し、町内のあちこちをたずねた。梼原町の北にある県境の地芳(じよし)峠で四国カルストの風景を見て、松山へ向
 かった。松山空港から帰途についたのであろう。

   佐川の町並み 2001.9.12

yusuhara-sagawa.jpg (81910 バイト) 佐川の旧城下は、南国でありながら、山陰の津和野旧城下に似ている。旧藩のころは、「村」とよばれていた。

いまも町並みの規模が大きくなく、古い家々の建て方が上品で、軒下ぞいに歩いていると、雪寂び(ゆきさび)した翳(かげ)さえ感じられる。むろん土佐にあっては雪は縁がうすい。

この町の町並みのなかも、美しいのは酒造業の建物がたちならぶ小路だろう。堂々たる長屋門がのこっていたり、ナマコ塀の屋敷や、きめのうつくしい白壁の家が軒をならべていたりする。

    佐川の町並みの美しさは、司牡丹酒造の賜物である。青山(せいざん)文庫という記念館から緩やかな坂道をく
    だると、そびえるばかりの司牡丹酒造の白壁の建物が見えてくる。建物の中では、フォークリフトやベルトコ
    ンベヤーなどが動いているが、建物の外観は昔ながらである。

  ■ 東津野村の茶堂 2001.9.12

    東津野村の当別峠(今はトンネル)を西にこえて、山中の小渓流をわたると、高野という在所がある。
    山中な郵便局がある。道路の左側に茶堂が立っていた。

    茶堂は、むかし津野山八ヵ村の道という道にあったらしい。いまもいくつか残っている。屋根は本ぶき
    の茅ぶきで、ぼってりとぶあつい。それを五本ばかりの柱がささえていて、戸はなく、吹きさらしであ
    る。床は、ひくい。

    古代、この世に幸福をもたらす霊物は、他からやってくるとされていた。他とは、理想的にいえば、海
    のかなたの異郷である。幸福の神は、そこからくる。

    山里には、海がない。はるかな地からくる旅人を、津野山八ヵ村のひとたちはよき人であるとし、ある
    いは幸福をもたらすものを背負ったひとびとであるとして、かれらをムラはずれの茶堂で接待したので
    はあるまいか(茶堂はかならず村はずれにあるそうである)


     yusuhara-tuno-tyadou.jpg (109540 バイト)  yusuhara-tuno-butai.jpg (105182 バイト)
     司馬さんが見た高野の茶道。        茶道のすぐ下の神社にある高野廻り舞台。

    梼原から城川にかけての道沿いには、まだたくさんの茶堂が残っていた。高野の廻り舞台のような農村歌舞伎
    舞台も四国には多い。今までに、香川県で2か所、徳島県で1か所、高知県で3か所の舞台を見たが、いずれ
    も茅葺きであった。一度、農村歌舞伎を見てみたい。

   神在居(かんざいこ)の千枚田 2001.9.12

yusuhara-senmaida.jpg (144729 バイト)

陽が、落ちようとしている。このため、無数の横縞にきざみこまれた千枚田の斜面は、薄墨をかけたように全体が暗くなっていた。そのくせ、田の頂きばかりは、残りの陽の色が滴って、秋のこがねにかがやいている。

目の前に、プラチナ色に光るものがあり、おどろいて目を近景に移すと、路肩ですすきがゆれているだけだった。

すべては黄昏の光と翳(かげ)がつくっている色調なのだが、光悦の金蒔絵を見るように豪華だった。

司馬さんがここをおとずれたのは、10月8日。夕暮れが迫っているころだった。左の画像を撮影したのは9月12日の午後4時半。司馬さんがおとずれたときは、もっと稲の色が黄金色だっただろうし、もっと薄暗くなっていたであろう。

光悦の金蒔絵とは、司馬さんらしい表現だ。

   三島神社 2001.9.13

     三島神社は、市街地の北のはずれにある。右側は丘で、丘上に大きなハリモミの木が天を衝(つ)いて
     おり、おあえつらえむきのように、月齢五日ほどの月がかかっていた。

     三島神社の拝殿・社殿は明治の建築だという。破風にも、その下の下部構造にも、竜やら雲、瑞鳥とい
     ったふうの彫刻が過激なほどにほどこされていて、大工の腕をたっぷり見せている。

     yusuhara-misimajinjya.jpg (146817 バイト) yusuhara-misima-momi.jpg (102778 バイト)

     
三島神社は国道から梼原川を渡った対岸にある。司馬さんは、ここで夕食のもてなしを受けた。司馬さん
          は、田舎料理に大満足し、夕食後、伝統の津野山神楽を見た。

  ■ 宮野々番所跡 2001.9.13

yusuhara-miyanono.jpg (149318 バイト) 広野を北に過ぎると、そこが宮野々だった。山峡ながら、河畔にわずかに水田がある。道路は水田よりわずかに高い。その道路わきに石垣をごく低く組みあげた宅地跡がって、大きな自然石に「宮野々関門旧址」という文字が刻まれていた。

宮野々番所跡は、梼原町の中心部から四万川沿いを北へ約5kmの地点にある。坂本龍馬が歩いた「脱藩の道」もここを通っていたが、龍馬たちは、ここをすり抜けて、九十九曲峠を越えた。

   茶屋谷 2001.9.13

yusuhara-butai.jpg (114647 バイト) 宮野々から北へめざした。道路わきに、四万川渓流がながれている。いよいよ山が深いが、渓流が多いため、山中の小集落も多い。茶堂があちこちにあり、”舞台”というものがる。独立したカヤぶきの建物で、かって村民たちが手製の歌舞伎をたのしんだ劇場である。もっとも桟敷(さじき)は露天である。

県道から川をはさんだ対岸の高い位置に舞台があった。確か、上成という集落だった。司馬さんが見たのは、おそらく、この舞台ではないかと思う。

yusuhara-tyadani-tyadou.jpg (89989 バイト) yusuhara-tyayadani-enmyouji.jpg (99330 バイト)
道が途切れるあたりに茶堂。 円明寺の舞台。
茶屋谷という梼原の北限にちかい谷までゆき、円明寺という禅宗の寺に寄った。

北のほうにカルスト高原がそびえ、伊予境いになっている。むかし姫草番所という関所があったあたりである。

円明寺の境内に、舞台が保存されていた。いまは、習字の塾としてつかわれているらしい。

茶屋谷までは、梼原町中心部から約10km、宮野々番所跡からは約5km。かなり山深いところであった。

yusuhara-watatumi.jpg (120127 バイト)
海の神である海津見(わたつみ)神社という古社がまつられていた。

もともとこのあたりの地すべりを食いとめるてもらうために、竜王をまつったのがはじまりであるらしく、江戸期は、竜王権現という仏教神として崇敬されていた。

石段をのぼると、りっぱな社殿であることにおどろかされた。本殿・拝殿ともに文化元年(一八○四)の建築で、これも長州大工のしごとである。

海津見神社は竜王宮と呼ばれている。境内には船が奉納されていた。このような山深い地に、海神がまつられていることが不思議な気がした。

   越知面へ 2001.9.13

     上本村(かみほんむら)というやや広やかな水田地帯に入ってゆくと、山麓の段々畑の上に、
     草ぶきの家屋が、三戸七棟、指定保存されていた。大小の屋根のかさなりぐあいが造形的に
     もうつくしく、梼原の心をはればれと感じさせる景色だった。梼原は、どこか童話的な里で
     もある。


     yusuhara-otimen-minka.jpg (144749 バイト) yusuhara-otimen-sugi.jpg (97266 バイト)
     茅葺きの集落は大きく変貌していた。     近くにある善福寺の千年杉(樹齢800年)