四国札所の石仏
 遍路道の道標と石仏(4)
 弥谷寺(いやだにじ)・三角寺・三坂峠・香園寺

sikoku-iyadani.jpg (51923 バイト)
 弥谷寺の千手観音

 第七十一番札所・弥谷寺は、香川県三野町にある。山
全体が寺域になっていて、かなりの急坂を何度も折り返
しながら、やっとの思いで本堂へとたどり着く。

 参道への登り口付近の右手に、あどけない表情の千手
観音が西を向いて立っていた。たくさんの石仏を見てき
たが、四国札所の石仏・ベスト5に入るほどに好感が持
てる。

 いつの時代のものか分からないが、彫りが深く美しく、
スマートさはないものの、おもわず見とれてしまう魅力
に満ちた観音である。

 ちなみに、寺の別名は千手院、本尊は千手観音である。

            『へんろ』1999年2月号
sikoku-sankakuji.jpg (52501 バイト)
 三角寺遍路道の観音

 第六十五番札所・三角寺は、川之江市の海抜450m
の山の中腹にある。今は門前まで車で行けるが、昔はか
なりの難所だったという。

 遍路道は本堂に向かって右側にあり、寺の裏側から入
る形になる。本堂から逆に進むと、寺をぬけるまでの道
にも気品に満ちた石仏が立っているが、その先で両側に
畑地が広がる道路に出る。

 この丘陵地の開けた空間にも点々と石仏が立っていて、
どの石仏も彫りが美しい。

 山を汗だくになって登ってきた遍路にとって、三角寺
を目前にしてこの石仏に出会ったときの開放感は、いか
ばかりであろうか。
            『へんろ』1999年3月号
sikoku-misaka.jpg (54057 バイト)
 三坂峠の道標

 第四十五番札所・岩屋寺から国道33号線と合流する
と、三坂峠への上りにさしかかる。この道は松山に通じ
ていて、交通量が多い。第四十六番札所・浄瑠璃寺まで
は、三坂峠を上りそして下ることになる。

 峠の頂上には、峠の茶屋ならねドライブインが立ち並
んでいる。ある店に入って、「山賊うどん」なるものを
頼んだ。ここから見た雨に煙る峠の景色は、また格別で
あった。

 峠の頂上の少し手前に、氷雨に濡れて、道標が立って
いた。明治期のものであろうが、上部に大師像、その下
に「是より浄瑠璃寺へ二里」と刻まれている。

            『へんろ』1999年4月号
sikoku-koenji.jpg (54828 バイト)
 真民さんのしるべ石

 好きな詩人に坂村真民(しんみん)という人がいる。
真民さんの「二度とない人生だから」は、今までに出会
った詩の中で、最も感動した詩である。

 真民さんの「念ずれば花ひらく」の石碑は、八坂寺と
前神寺で目にした。真民さんのあの独特の字で書かれて
いる。真民さんから葉書きをいただいたことがあるが、
実に味わいのある字を書かれる。

 第六十一番札所香園寺には、「愛の道しるべ」と書か
れた何とも愛らしい石碑が立っている。ここを訪れた時、
しばし見とれてしまった。

            『へんろ』1999年5月号
    [四国札所の石仏][遍路道の道標と石仏(5)]