四国札所の石仏
  遍路道の道標と石仏(5) 観自在寺・切旛道・清滝寺・常楽寺

sikoku-kanjizai.jpg (66338 バイト)
 蓮の花を懐く地蔵

 四国札所では、数々の地蔵菩薩に出会った。供養仏として
造立されたものが多いが、願主の思いが込められた地蔵は、
それぞれに何かを語りかけていた。

 第四十番札所観自在寺は、十二支菩薩で知られている。十
二支菩薩の向い側に小さな墓地があり、蓮の花を懐いた地蔵
が立っていた。

 天明五年(一七八五)の銘を持つこの像は、すらりとして、
気品に満ちた表情をしている。

 左肩に担ぐように蓮の花を懐き、茎を両手でしっかりと握
りしめている。台座にも蓮が刻まれていて、折りからの夕陽
を受けて美しかった。

              『へんろ』1999年6月号
sikoku-kirihata.jpg (71494 バイト)
 切旛寺への道標

 第九番法輪寺から第十番切旛寺までは約四キロ、歩けば一
時間のみちのりである。この遍路道には辻が多く、左に曲る
ところを右に行けば道に迷ってしまう。そのせいか、この遍
路道には道標が多い。
 
 道標は、四角柱に方角と距離を刻んだものが一般的である
が、上部に大師像が刻まれたものもよく見かける。

 切旛寺への遍路道で出会った道標は、自然石を削って手形
と十番という文字を刻んでいるが、それと直角の側に菩薩が
浮き彫りにされている。

 道標は、折りからの西日を浮けて美しい陰影を見せていた。

              『へんろ』1999年7月号
sikoku-kiyotaki.jpg (77829 バイト)
 清滝寺の本尊石仏

  四国札所では、八十八カ所すべての本尊を刻んだ石仏を、
境内や参道に安置しているお寺がある。第三十五番清滝寺も
そのひとつである。

 清滝寺へは、ミカン山を縫うように設けられた「八丁坂」
と呼ばれる急傾斜の道を登る。

 境内には、見るからに古そうな苔むした本尊石仏が立って
いた。どの石仏も個性的な彫りである。日当たりが比較的よ
さそうな石仏の中で、第三十九番延光寺の薬師如来が目をひ
いた。

 舟形石の上部と左右に文字が、その下に面長な如来が刻ま
れている。どこかユーモラスで心なごむ如来さまである。

              
『へんろ』1999年8月号
sikoku-jyorakuji.jpg (84745 バイト)
 常楽寺のアララギ大師

 第十四番札所常楽寺のある国府町には、国分寺、観音寺、
井戸寺、そして常楽寺の四ヶ寺の札所がある。まさに、札所
の密集地である。

 常楽寺は大きな岩盤の上に建っていて、どこかなつかしい
風情のある池の前の石段を上がると、流水岩の庭と名付けら
れた露出した岩が、境内をうねるように本堂まで広がってい
る。

 本堂の前にアララギの木があり、見上げると、二股に分か
れた幹の真ん中に、小さな石造の大師像がまつられていて、
実にやさしい表情でこちらを見ている。お遍路さんは、アラ
ラギ大師と呼ぶ。
              
『へんろ』1999年9月号
    [四国札所の石仏][遍路道の道標と石仏(6)]