四国札所の石仏
 遍路道の道標と石仏(9) 恩山寺・勝浦町沼江・天皇寺裏・本山寺・雲辺寺


sikoku-onzanji.jpg (69449 バイト)観音様のお迎えだ

 交通量の多い国道五十五号線の喧騒をのがれ、遍路道に入る。
旧参道に建っている仁王門を右手に見ながら、第十八番札所恩
山寺をめざす。ここまで来ると、全札所の約二割を打ち終えた
ことになり、札所巡りにも慣れてくる頃である。

 境内に入ると左手に大師堂があり、正面に本堂へ登る石段が
見える。石段を登ってゆくと、観音像がむかえてくれる。

 四国札所には地蔵が多いが、観音もよく見かける。今までに
どれだけの観音に出会ったであろうか。恩山寺の観音は、背景
がぬけていて、すっきりとした空間に立っている。そして、大
師堂の屋根がアクセントになっていて好ましい。


            『へんろ』2000年10月号



sikoku-kakurinji.jpg (77801 バイト)鶴林寺への道標

 第十九番札所立江寺から第二十番札所鶴林寺までは約十五キロ。
鶴林寺は標高五百五十メートルの山上にあり、途中から山登りに
なるので、徒歩で五時間くらいかかる。

 立江寺から約六キロ、県道が交差する地点に鶴林寺への道標が
建っている。中央に鶴林寺の文字、下部に施主名、上部に大師像
と大きな手が刻まれている。大師像の下に二つの絵柄が刻まれて
いて、右はとっくりのような形をしているが、何の絵柄なのか確
認できなかった。

 道標のある交差点を左へ勝浦川沿いを約四キロ進むと、いよい
よ鶴林寺への登りにさしかかる。ここ勝浦町は温州みかんの産地、
遍路道の両側にみかん畑が広がっている。


             『へんろ』2000年12月号



sikoku-tennoji.jpg (45910 バイト)坂出の三尊仏

 第七十九番札所天皇寺は、予讃本線八十場(やそば)駅の近く
にある。国道十一号から北へ入るか、八十場駅の東側から入るの
が一般的であるが、八十場駅の西側から入ってみた。


 道が少し分かりにくかったが、うろうろしている内に白峰神社
の裏に出た。クスの古木のむこうに見えるのは神社そのものであ
り、天皇寺を探すのにちょっと時間がかかった。しかも、八時を
過ぎているのに納経所は閉まっていて、声をかけても反応がない。


 その石仏に出会ったのは、白峰神社裏手のお堂のそばだった。
三尊仏は愛らしくてほほえましい表情をしていた。七十九番が空
白のままの納経張を持って、三尊仏にまた会いにゆきたいと思う。

              『へんろ』2001年1月号


sikoku-honzanji.jpg (83931 バイト)へんろ石と地蔵

 七十番札所本山寺は、堂々たる真言宗の寺院である。本山寺に
近づくと、まず、行く手に五重塔が見えてくる。田園の中にある
ので、奈良の斑鳩に来ているような錯覚にとらわれることがある。


 財田川にかかる本山橋を渡って唐様の仁王門から広い境内に入
ると、左右に護摩堂と大師堂があり、正面の突き当たりが本堂の
国宝観音堂、そして、本堂の左手に高い五重塔が立っている。境
内に入っても、奈良の大寺院にいるような錯覚はつづく。


 右手にある門の前にへんろ石があり、へんろ石に華をそえるか
のように地蔵が立っていた。地蔵はカラフルな前掛けを付け、頭
には毛糸の帽子をかぶっていた。


              『へんろ』2001年2月号


sikoku-unpenji.jpg (72911 バイト)雲辺寺の青面金剛

 四国の札所で青面金剛(しょうめんこんごう)に出会うのはま
れである。大分の国東半島などに比べると、四国には青面金剛の
数が少ない。遍路道や札所となると、さらに出会えるチャンスが
限られてくる。

 今までに、3箇所で青面金剛に出会った。焼山寺へ向かう途中
の杖杉庵、大窪寺へ向かう道端の祠の中、そして、雲辺寺の境内
であった。


 六十六番札所雲辺寺は、高い山の上にある。歩きの場合は今で
も難所であるが、空海の頃にはかなりの深山であったにちがいな
い。しかし、現在ではロープウエイに乗って簡単に参拝できる。

青面金剛は手水鉢の前、壁面より奥まった所にまつられていた。
参拝する人は地蔵だと思うだろう。


                                             『へんろ』2001年3月号

  [四国札所の石仏][遍路道の道標と石仏(10)]