SLグラフィティ

苅田港線

1974年3月2日、苅田港 CanonFTb/50mm.135mm

   
田川線へは何度も撮影に出かけたが、苅田港へは結局のところ、一度だけになってしまった。沿線に勾配区間がある訳でもなく風景も平凡なものだったので、何度も出かけるだけの魅力がなかった。

当時の苅田港線の画像が見たいという申し出があり、ネガを調べてみた。ネガにはカビが生えていたが、画像処理で何とかカバーできた。また、ネガには少し現像ムラがあった。

当時と今と、沿線風景はあまり変わっていないと思うが、当時は沿線に工場や民家が少なく、すっきりとした感じである。


苅田港へは、日豊本線の小波瀬から東へ入るが、撮影したのは、国道10号線より東の苅田港寄りの区間である。




 


 


   

 
 


MamiyaC330/105mm