SLグラフィティ

栗野のC56

    山野線 1973/2/18


九州では南部にC56が走っていた。妻線、宮之城線、山野線である。そのうち最後まで残っていたのが山野線である。

当時、肥薩線栗野駅から西へ薩摩大口まで山野線が分岐していた。
一往復の貨物列車が健在で、C56がけん引していた。筆者が見たのはC5691だった。



 

吉松を発車して次の駅が山野線の分岐駅・栗野。ここで40分ほど停車する。昔ながらの貨車がなつかしい。

 
薩摩大口へ向けて発車する。C5691は形式入り赤ナンバー・金帯の美しい機関車だった。


[
SLグラフィティ]