SLグラフィティ

惣郷川橋梁

    山陰本線 1974/3/21


山陰本線惣郷川橋梁は宇田郷と須佐の間にある。中間に峠がありトンネルが通っている。
惣郷川橋梁は上り列車に対して上り勾配となっている。
蒸気機関車が現役だった頃、惣郷川橋梁をたずねたのは一度だけだった。

1974年3月21日、自宅を早朝に出発し、黄波戸と三見で撮影して宇田郷へ向かった。
当時の移動はもっぱら鉄道と徒歩だったが、宇田郷駅から惣郷川橋梁まで徒歩30分くらいだった。
惣郷川橋梁で、夕方の客828(宇田郷16:10)と貨2762(宇田郷16:48)を撮影し、その日のうちに帰宅している。
昔も今も、惣郷川橋梁は好撮影地である。

 

客828列車まで時間があったので、15時前に通過する「急行さんべ1号」を待っていると、逆向きのSLに引かれた客車列車がやって来た。
当時益田にいたC56106ではないかと思う。時刻表にはないので回送であろう。


この当時は左手の松がいい感じだったが今はない。斜光線を受けて車体が光っているので窓が分かりにくく貨物列車のように見える。


須佐側の山から俯瞰する。


[
SLグラフィティ]