SLグラフィティ

筑豊本線

 


はじめて、走行しているSLを撮影したのは、 美祢線のD51が引く石灰石列車だった。

以来、九州を中心にSLが終焉を告げるまで実によくSL撮影に出かけた。小倉から筑豊本線へ行くには、鹿児島本線からの直通に乗るか、折尾で乗りかえるかして、直方に向った。

直方機関区のSLは、筑豊本線をはじめ伊田線、宮田線、上山田線などで運用されていたため、朝の直方機関区には、D51、D60、9600などのSLが集結していた。

直方を基点として、伊田線に行くか、冷水峠に行くかを決めて、その日の行動を開始した。

筑豊の鉄道は石炭輸送を目的に敷設されたものであり石炭と盛衰を共にしてきた。エネルギーの転換によって石炭の需要が激減するにしたがい、筑豊は凋落の一途を辿った。

石炭を燃料とするSLも、筑豊の衰退と共に次第に姿を消して行った。SL王国筑豊の最後の姿を見届けることが出来たのは、幸運だった。


            夜が明け始め、給炭を待つ39642
            直方機関区 1973年1月 →
 


朝の直方機関区。左の2両のD51は、その形からナメクジ型といわれ、ボイラー上部のドームと煙突が一体となっている。
D51へ乗り込もうとしている乗務員のむこうに少年の姿が見えるが、この頃は機関区への立ち入りがかなり自由だった。 1973年1月


遠賀川橋梁を行く石炭列車。1972年11月 中間〜筑前垣生

 
折尾駅で発車を待つD6061。当時は、定期列車の機関車の前に乗って記念写真が撮れた。 1972年12月
国鉄の経営状態はよくなかったが、職員はみんな優しかった。なお、D6061は芦屋町高浜町児童公園に保存されている。




原田行きのD60けん引の客723。 1972年12月 冷水峠・筑前内野側
この時点で、冷水峠を越えるSL列車は1本だけだった。6時7分に若松を発車し、8時22分に原田に到着する。帰りは機関車のみの回送だった。
冷水峠を通過するのは8時5分頃。列車と徒歩による移動では、北九州からこの列車を撮影に行くには早起きしなければならず、一度しか撮影していない。

筑豊本線のSLさよなら運転が行われたのは1974年12月22日だった。
門司港から直方へ、さらに飯塚へ。飯塚から機関車が逆向きで直方へ戻り、伊田線を経由して後藤寺へ。
けん引機関車は、行橋区の59684(田川市石炭・歴史博物館で保存)と後藤寺区の59647(直方市汽車倶楽部で保存)の重連だった。
今であれば車で追っかけて5か所くらいで撮影できるが、当時は鉄道での移動だったので、筑豊本線内では直方の発車と飯塚からの折り返しのみ撮影した。


 

飯塚へ向けて直方駅を発車する。直方駅の南にある道路橋は大勢の見物人でにぎわっていた。


飯塚からの折り返しが直方市石炭記念館下を行く。このあたりは線路が5車線あった。


[
SLグラフィティ]