SLグラフィティ

吉松のC55

   日豊本線、吉都線


C5552とC5557が福岡県若松区から鹿児島県吉松区に転籍になったのは1972年3月だった。
吉都線ではD51とC57、肥薩線吉松以南ではC57、日豊本線宮崎以南ではC57が運用されていた。
C55はその代替機として使用されていたようなので、なかなか出会えなかった。

C5557は廃車になったが、C5552は吉松駅前に保存されている。
C55はC57とともに好きな機関車で、ここに掲載して在りし日の姿をしのびたいと思う。


吉松区のC5557にはじめて出会ったのは、門石信号場付近だった。
下り列車を待っている時に反対側からやって来た。とっさにカメラを向けたので中途半端な流し撮りになったが、筆者にとっては思い出の1枚である。
1973/2/17 日豊本線 門石(信)〜田野


門石信号所付近から田野方面へ戻り、清武川にかかる鉄橋付近の築堤が見える陸橋に三脚をセットした。
やって来たのがC5557だった。宮崎で折り返して来たようだ。1973/2/17 日豊本線 田野〜門石(信)
その後、C5557には出会えなかった。結局、C5557との出会いはこれが最後となった。


C5552にはじめて出会ったのは、C5557と出会った翌日だった。1973/2/18 吉都線 吉松付近?
現像の失敗か、粒子が荒れ画像がぼやけている。
当時、富士のネオパンSSSとコダックのトライXを使っていたが、このような失敗がときどきあった。


その後、吉松機関区をたずねるとC5552が休息していた。1973/2/18 吉松機関区


1年後再び吉松をたずねた。客車列車がまだ健在だった。
1974/3/17 吉都線 吉松付近?




1974/3/17 吉松機関区


[
SLグラフィティ]