沈堕の滝

 大分県豊後大野市
 
チンダと読む。かつて雪舟がここをたずね、「鎮田瀑図」という水墨画をのこしている。

■04/6/15 CAMEDIA E-100RS
 

大正期に発電所のダムができたため、滝のむこうに堰の壁がある。
幅93mの滝だが一部を切取って撮影した。

沈堕の滝の少し下流、支流から流れ落ちているのが雌沈堕の滝。メチンダとは何ともおかしな名前だ。

■09/10/25 EOS 40D


■10/8/29 *istD

県道の展望所から見る。


雌沈堕の滝。大野川の流れが美しい。


雪舟の「鎮田瀑図」

[滝を見にゆく][次へ]