深倉峡の滝

 福岡県 添田町 07/11/28 *istD/16-45 英彦山の西、深倉川が造る渓谷には、いくつかの滝が
 ある。いずれも小さな滝ばかりであるが、林道からすぐのところにある。

 ●涼岩すずみいわの滝
   紅葉橋の右手に涼岩と書かれた標識があり、橋の上から小さな滝が見える。
   少し手前の湯の上谷橋の右手にある高岩の滝は、水がとても少なかったので撮影していない。
 ●夏寒かかんノ谷の滝
  紅葉橋から700mくらいのところに、札所の渕がある。渕へ小さな滝が流れ落ちているが下へ降りる道がない。
  札所の渕の先のヘアピンカーブの坂道の途中に夏寒ノ谷の標識、降りてみると小さな滝があった。

  

谷には落ち葉がいっぱい。

見所ポイントにはこのような標識がある。
 ●三段の滝
  深倉園地の駐車場の近くにあるのが三段の滝。展望デッキから見おろす感じで滝を見ることが出来る。
  一段目の滝が一番大きく、三段目はよく見えない。
 ●慈母の滝
  深倉園地の駐車場から200mほど進んだ男魂岩の下にも駐車場があるが、駐車場のすぐ下にあるのが慈母の滝で、
  道路から見おろす感じで見れる。ここ10日間ほどお客さんを連れて来ているという小型バスの運転手さんの話では、
  慈母の滝にかかる紅葉はこの日が一番美しいとのことだった。

三段の滝と慈母の滝の中間にある小さな滝。
 ●歓喜の滝、男魂の滝
   男魂岩の下の駐車場の向かいに小公園があり、歓喜の滝、男魂の滝の標識がある。
   この位置から歓喜の滝は見えないので、渓谷の岩を伝って滝へ近づいた。

歓喜の滝

男魂の滝
 ●深倉峡の風景
   男魂岩の100mほど先にゲートがあり、林道は車では通行できない。林道を少し歩いてみた。

駐車場の説明板。

手前の男魂岩から谷の向こうの女岩へ大しめ縄がかけられている。

女岩と黄葉。

  

林道の黄葉と紅葉。

林道は落ち葉に埋もれつつあった。

滝を見にゆく次へ