滝紀行

西沢渓谷

 山梨県山梨市 2015/10/19 K-7  西沢渓谷入口付近にある市営の無料駐車場から渓谷一周約4時間。
 渓谷歩きについては西沢渓谷ガイドマップをご覧いただきたい。


西沢山荘。7:23


田部重治文学碑。英文学者で登山家そうだが、はじめて知る名だった。7:24

田部重治文学碑には、「笛吹川を遡る」の一節が刻まれている。
見よ 笛吹川の渓谷は 狭り合って上流の方へ 見上ぐるかぎりの峭壁をなし
其間に湛へる流れの紺碧の色は 汲めども盡きぬ深い色をもって 上へ上へと続いて居る
流れはいつまで斯の如き峭壁に さしはさまれてゐるだろうか

笛吹川の源流は東沢と西沢があり、その片方である西沢に文学碑を建てたのであろう。

 
大久保の滝。遊歩道から見下ろす感じで少し見えにくかったが、まわりの紅葉がきれいだった。7:47


三重の滝。落差は小さいが3段に流れていて、中段には滝つぼがある。7:55

 
人面洞。碧い渕がきれいだった。8:14


竜神の滝。ここの滝つぼもきれいだった。8:21


貞泉の滝。8:31


母胎渕。命名者は、岩のくぼんだところを母胎と見たのだろうか。8:45


七ッ釜五段の滝。9:05


渓谷に入口近くの看板の写真。下段の滝を入れずに撮られている。


二段目から上を横位置で撮ってみた。筆者の写真に比べ看板の写真の方が素晴らしい。


不動の滝。ここから5分ほど坂道を登ると西沢渓谷の終点。9:16


西沢渓谷終点から森林鉄道跡を歩いて戻る。森林鉄道は昭和8年から昭和43年まで木材搬出に活躍した。10:16


ネトリ大橋から見た紅葉。後方の山は標高2115mの鶏冠(とさか)山。まさに、とさかのような形をしている。10:45


滝を見にゆく