不動滝

 福岡県糸島市 2015/8/28 K-7 雷山山麓の不動池の北に標識がある。100mで雷山神籠石(こうごいし、山城跡)の北
 水門、ここから不動滝まで700m、後半はかなりの急坂で帰りはきつかった。筆者は神籠石探訪のついでに立ち寄った
 ので神籠石から往復したが、滝だけが目的であれば県道564号・藤坂橋バス停から緩やかな道を1km。


この標識から右へ進む。一番下の標識は不動経由雷山登山口となってい
るが、不動
経由雷山登山口の間違い。下に小さく藤坂橋バス停1.8kmと
書かれている。ここから不動滝まで800m、さらにバス停まで1km。


不動滝そばの不動堂跡。2015年5月に解体され、本尊の不動明王は雷山千如寺へ安置された。尊王攘夷派の志士たちを助けたため糸島へ流罪となった幕末の女流歌人・野村望東尼も、おとずれたことがあるという。


この滝の下にも滝があるが、うかつにも下へ降りる石段に気が付かず撮影できなかった。


参道の不動明王石像。
苔で像容がはっきりしない。





ここだけ視界が開けていて、糸島の市街地や糸島半島の山が見える。

滝を見にゆく|次へ|