新城夫婦滝

 北海道芦別市新城町 06/5/31 *istD/16-45
  

  
芦別から旭川へ県道4号を北上しているときに標識を見つけた。林道のような道を東へ5kmほど行ったところに、新城夫婦滝公園があり、公園から滝が見える。

二つの滝が一つになって流れていることから、夫婦滝と呼ばれるようになったという。あたりは、ブナの新緑が美しかった。



葛西善蔵「雪をんな」文学記念碑。
昭和37年(
1962)に公園近くの山奥で木材伐採作業をし、その頃に見た幻想をもとに小説「雪をんな」を発表した。

滝を見にゆく次へ