美しき棚田★2001

 姨捨(おばすて)
 
2001.5.23撮影

長野県更埴市の棚田


kousyoku-tanada1.jpg (120585 バイト) kousyoku-tanada2.jpg (114764 バイト)
晴れていれば善光寺平をのぞむ美しい風景なのだが、姨捨は雨でぼんやりとかすんでいた。


kousyoku-48maida.jpg (101011 バイト) kousyoku-kannon.jpg (60053 バイト)
[四十八枚田]

西行が、「阿弥陀四十八願」にちなんで名づけたと伝えられる。姥捨の棚田の中では最も早くから成立した棚田で、「田毎の月」という呼び名は元々は四十八枚田に映った月のことだったという。

四十八枚田はほ場整備の対象外で、昔ながらの姿が保存され、真ん中に田毎観音が立っていた。

棚田の旅に出かけた途端に、天気が悪くなった。梅雨の走りか。

岐阜県の棚田の撮影を終え、野麦峠を越えて長野県に入った。野麦峠にさしかかる頃には雨が降り始め、野麦峠は風が強くて寒かった。

翌日は本格的に雨が降っていた。姨捨の棚田は晴れた日に撮影したかったが、あいにく雨の中の撮影となった。

更埴市大雲寺の背後にある標高500mの霊諍山(れいじょうさん)は、石仏でよく知られている。大雲寺への道が分からず少々迷った。大雲寺から雨でぬかるむ道を歩いて約30分、個性的な造形の石仏に出会えた。
  kousyoku-reijyousan.jpg (58834 バイト)
 霊諍山の石像