美しき棚田

 奥山田

石川県津幡町の棚田


tubata.jpg (135708 バイト)

前日は、輪島の白米千枚田を撮影後、珠洲市の禄剛埼灯台で夕暮れをむかえた。夜は、中島町の道の駅で車中泊する予定だったが、穴水町の中居湾に面したところに、ふれあいパークという静かなパーキングエリアがあり、きれいなトイレも付いていたので、そこで眠りについた。

夜中、窓をたたく音で目を覚ますと、警察官が見まわり来ていて、不審尋問というか職務質問というか、それを受けた。午前2時半だった。眠ろうとしたが寝つかれず、場所を変え、能登有料道路の西山PAまで車を走らせ、3時半にふたたび眠りについた。

翌朝、能登有料道路を南下し、津幡の市街をぬけて、国道8号線を東にむかった。倶利伽羅トンネル手前の九折で右折し、天田峠へ登って行くと、左手に棚田が見えて来た。棚田の看板も立っていて、駐車スペースもある。棚田展望台からは、手前に棚田、遠くに海が見えた。

天田峠へのこの道ができるまでは、古戦場として名高い倶利伽羅峠を通っていた。近くに立っている天田峠改修碑によれば、明治天皇の巡幸の際に、倶利伽羅峠の道が悪いので天田峠の道を改修した、と書いてあった。 2001/6/3

2010年5月20日、倶利伽羅峠の万葉歌碑を訪ねた折に久しぶりに立ち寄った。9年ぶりだった。
棚田の上の方は耕作放棄され、無惨な感じを受けた。
 

棚田展望所への入口にある湧水。

棚田展望所にある案内板。眼下に棚田が見える。