美しき棚田

 池田町の中山地区に入り、殿川ダム手前の「湯船山の名水」の標識に従って坂道を道なりに
  進む。突き当たりにお寺があり、境内に日本名水百選に選ばれた名水がある。ここから棚田
  が一望できる。棚田を下って行くと、農村歌舞伎舞台がある春日神社前に通じる道に出る。

香川県池田町の棚田

 中山 2001/9/8-9撮影


小豆島を故郷に持つKさんが池田町に自宅を新築している。毎週末、建築の状況を確認するため、勤め先の高松市から池田町へ帰っているという。

Kさんとは3年くらい会っていないし、池田町の棚田をはじめ、小豆島には見てみたいものがたくさんある。四国の棚田めぐりの始めを、池田町の中山千枚田に決めた。

山陽道から瀬戸道へ、早島ICで降りて新岡山港へ。新岡山港から小豆島まではフェリーで70分。広島あたりでは土砂降りの天気だったが、岡山県に入るとすっきりと晴れてきた。土庄(とのしょう)の港では、K さんと奥様が出迎えてくださった。

Kさんとふたりで、尾崎放哉記念館、中山千枚田などを見てまわった。その日の宿は、 Kさんが手配してくれた島の最西端の海岸通りにあるペンション「Sunset Coast」 で、夕食もご一緒した。

翌日は、再び中山千枚田へ行き、『二十四の瞳』のロケ地を中心にあちこち見てまわった。好天に恵まれ小豆島のいい空気を吸うことができた。

    

 
  ペンションの前は海で、右手に男木島が見える。


中山棚田のほぼ全景。小豆島には山が多い。左が大麻山、右が高壷山。


夕方の斜光線の中山棚田。稲のある田、稲刈りが終わった田、休耕田、さまざまな表情をしている。


春日神社農村歌舞伎舞台


土肥山農村歌舞伎舞台