美しき棚田2002

 鴨川市の大山千枚田へは、大山不動尊の標識を頼りに行けば迷うこと
 はない。県道からの入口には千枚田の標識も立っている。大山千枚田
 の稲刈りは9月上旬に終わっていて、稲の切り株が残る棚田には、稲
 わらが家の形に積まれていた。農村に生まれた筆者にとっては幼いこ
 ろによく見た風景で、とてもなつかしかった。

千葉県鴨川市の棚田

 大山 2002.9.24 PentaxZ5p


 kamogawa.jpg (236702 バイト)

 稲刈りが終わった棚田に彼岸花が鮮やかに咲いていた。
 壁紙→1024×768


kamogawa-kosmos.jpg (153743 バイト)

猛暑が和らいでコスモスが涼しげに見えた。

 kamogawa-mizuta.jpg (174047 バイト) kamogawa-inamoji.jpg (170443 バイト)
 雨で田植えの頃のように水が溜まっていた。      棚田サミットを記念して作られた稲文字「保全と共生」

9月23日、深川で芭蕉の足跡をたずね、湾岸線から
アクアラインへ入る積りであったが、アクアラインの標識を見過ごして、入口を通り過ぎてしまった。はじめて通る人には分かりにくい。標識の色を変えてもらうと分かりやすいと思うのだが。

ともあれ、「海ほたる」で一休み。3連休の最終日でかなり混雑していた。そして、木更津へ。予約していた駅前のホテルへチェックインする。雨が降り始めていた。

翌朝、大山千枚田へ。雨はやんで青空がのぞいていた。道路もすいていて、1時間ほどで到着。棚田には彼岸花とコスモスが咲いていて、横浜ナンバーと習志野ナンバーのふたりが、カメラをかまえていた。稲刈りはすっかり終わっていたが、美しい棚田であることにかわりはない。

近くの大山不動尊で旅の無事を祈り、金谷港から東京湾フェリーで久里浜へ。よく晴れていて、快適な船旅だった。

  kamogawa-nobori.jpg (110485 バイト)

  大山不動尊境内ののぼり


[美しき棚田]