美しき棚田2012

豊後豊岡駅の真北、直線距離で1.5kmくらいのところに山田という地区がある。一番高い所に小さな集落があり、集落の西に山田湧水の水汲み場がある。集落から南への急斜面に棚田があり、棚田の上を大分空港道路が通っていて、棚田からは別府湾が見える。水汲み場の前に駐車場があり、ここに車を停めて棚田を散策できる。

大分県日出町の棚田

   山田 2012/8/16 PENTAX K10D

                                                




 


東側から棚田を見る。中央付近の車が停まっている所が山田湧水の水汲み場。ここの棚田は湧水が使われている。
左端の白い立て札がある所は西鹿鳴(かな)越えの登り口で、1551年、フランシスコ・ザビエルが大友宗麟の招きで豊前街道から西鹿鳴越えの旧道
を通り日出の浜に出て、ポルトガル船に乗って府内(大分市)に入ったとされている。今、「ザビエルが歩いた道」としてハイキングコースになっている。
                                                                                               

石垣と稲田の造形が美しい。

小さな集落。白壁の蔵には鏝絵が見える。
         

[美しき棚田][次へ]