美しき棚田2012

八女市は、上陽町、黒木町、立花町、星野村、矢部村を編入合併し、現在の八女市に至っている。彼岸花が美しい棚田は、黒木町大淵(おおぶち)、星野村鹿里(ろくり)などにあるようだ。豪雨で道路があちこちで分断されているが、迂回ルートをたどれば何とか行けそうなのでたずねてみた。さわやかな秋晴れだったが、日差しは暑かった。

八女・彼岸花の咲く棚田

   2012/9/26 PENTAX K-7

                                                     
■黒木町大淵  10:30-11:10   <Special Thanks コメ花プロジェクト>

国道442号線と県道13号線の合流地点から200mほどのところから南へ分岐する道がある。
登り口に気がつかずに通り過ぎ、大淵小学校近くに車を置いて登り口をさがしていると、車が止まり男性が声をかけてきた。
大淵の棚田保全に尽力されている「コメ花プロジェクト」代表の谷口兼一さんだった。

谷口さんの車に先導されて坂道を1kmほど登って行くと、右手の斜面に、彼岸花が咲く美しい棚田が広がっていた。
ここヨシビ峠は標高300mくらい。棚田は東向き。
平日だったので車が少なかったが、土・日に車で登るのは厳しいし、駐車スペースも限られている。臨時のトイレと売店あり。


                                                        

あぜ道だけでなく土手にも彼岸花が植えられているので、絢爛というかみやびというか、ちょっと表現に困るほどの美しさである。
                                                    


          
■星野村鹿里 12:30-13:00

県道52号線の星野村堅木から北へ分岐する県道804号線を3kmほど西へ、鹿里の集落がある。
集落の少し手前の枯木という十字路を南へ市道を進むと鹿里の棚田が一望できる。十字路を直進すると、集落から棚田へ下りる道がある。
ここは標高400mくらい。棚田は南向き。彼岸花は平地よりも少し遅れて咲くのか、これから満開をむかえようとしていた。
毎年、彼岸花祭りが開催されていて、2012年は9月28日 〜30日となっていた。


南側の市道から見る。棚田を縁取りしている彼岸花があまり目立たない。
                                                                                      

西側から見る。緑に囲まれ、稲穂の黄色と彼岸花の赤が美しい。


少し道を下って棚田に近づいてみた。
            

[美しき棚田][次へ]