タノカンサァ 加治木町の田の神 日木山里田の神

hikiyama.jpg (91217 バイト)
   日木山里田の神
 (97/5/15 1830−43年/町指定)


 日木山里の田の神は、蔵王岳南麓にひっ
そりと立っている。近くに加治木道路が通
り、住宅も建て込んできている。

 つい最近までは、田んぼが一面に広がる
一角に、田んぼを見守るように立っていた
のであろう。

 右手にメシゲを持ち、被ったコシを左手
で押さえている。左足を踏出し、ほほえみ
を浮べて田の神舞を舞っている。

 この田の神は、昭和59年10月に東京
で開催された「ほほえみの石仏展」の会場
正面に飾られ、全国から集った150体の
中でも、ひときわ目立っていたという。

 ほほえみの仏像といえば、木喰(もくじ
き)の木彫りの仏像が有名であるが、木喰
とどこか似通っている。

   [タノカンサァ][次へ