天主堂巡礼 日本26聖人殉教記念像  長崎市西坂町西坂公園 1991/10/16



かつての殉教の地も、修学旅行生が訪れる平和の地に。


人若し我に従はんと欲せば、己を捨て、十字架をとりて我に従ふべし。


秀吉によるキリシタン禁止令により、1597年2月5日、フランシスコ会宣教師6人と日本人信徒20人が処刑された。
中央付近の4人の像。右から、ヨハネ五島(日本人、19歳)、ルドビコ茨木(日本人、12歳で最年少)、長崎のアントニオ(日本人・父は中国人、13歳)、
ペトロ・バプチスタ(スペイン人、48歳、司祭)


[
天主堂巡礼]