天主堂巡礼 旧五輪ごりん天主堂  長崎県五島市/国指定

   
 tensyu-gorin1.jpg (40045 バイト)
 入り口付近。彩色がくすんで歴史を感じる。
tensyu-gorin2.jpg (26214 バイト)
祭壇。扉の彫刻は素朴であるがこまかな細工。   関連サイト 久賀島の天主堂
tensyu-gorin3.jpg (23382 バイト)
初期の教会堂らしく、民家風な造り。

この聖堂は、久賀島浜脇にあったものを、浜脇天主堂を昭和8年に新築したときに、五輪へ移築されたものである。

五輪地区へは浜脇から海上タクシーで約10分、低い山を背にした入江に新旧の聖堂と数件の民家が立っている。

五輪出身のカトリック教徒を父に持つ歌手・五輪真弓は、昭和61年冬、初めてここを訪れ、海の見える丘の上の墓地にたたずんで、先祖の苦難の歴史をしのびながら、過去から現在、現在から未来へと続く自分の血の流れを意識して、名曲『時の流れにー鳥になれ』を生み出したという。

「鳥になれ、おおらかな翼をひろげて。雲になれ、旅人のように自由になれ。」と、五輪真弓は朗々と歌っている。
   
07/10/19 *istDS2
    
   

[天主堂巡礼]