天主堂巡礼 今村天主堂 福岡県太刀洗町/国指定 1991/9/8 1993/4/17




ふたつの塔を持つロマネスク様式の天主堂。鉄川与助の設計で1913年の建造。
煉瓦は燃えるように美しい。撮影時間帯、露出、使用フィルムなどによって、煉瓦の色が変わる。



内部は、外の明るい煉瓦の色とは対照的に漆塗りのように黒光りしている。
リブ・ヴォ―ルト天井は高さがあり、正面の祭壇からは大天使ミカエルがこちらを見ている。
内部のステンドグラスとキリスト受難の14枚の聖絵はフランス製。柱は高良山の杉を使っているという。