天主堂巡礼 中ノ浦天主堂  長崎県新上五島町

   
中ノ浦天主堂は国道384号線沿いの笛吹浦の入江の奥にある。
海のすぐそばに建つ天主堂はめずらしく、入江に影を映す姿は美しいが、満潮時の風がないときでないとうまく影が映らない。
この天主堂は、大正14年(1925)の建造で、尖塔は昭和41年(1966)に増築されたものである。
1991年にたずねたときは、塔の先は赤く塗られて遠くからよく目立っていたが、その後塗り替えられたようだ。
内部に描かれた椿の花が美しい。07/10/16-17 *istDS2


山の上を走っている県道から中ノ浦天主堂を望む。もう少し右から撮りたかったのであるが登り口が見つからなかった。


   


   
   

[天主堂巡礼]