灯台への道 余部埼灯台 兵庫県香住町余部 06/2/22 *istD/16-45



   


余部埼灯台は昭和26年(1951)建造の比較的新しい灯台で、海面から光点までの高さが284mで日本一の高さである。光の到達距離も日本一で約73km、京都府の経ヶ岬まで届く。

灯台までは車で行ける。15年くらい前に一度近くまで来たが、事前の下調べが不十分で灯台をおとずれることはできなかった。

灯台までは余部駅から車で約10分。さして広くない曲がりくねった道を高度を上げながら進む。途中には、平家落人伝説の地・御崎の集落がある。

御崎集落から先は雪が残っていて、道路の両側に雪が山積みになっている。そのため車の離合ができないくらいの狭さである。

やがて、前方に白い灯塔が見えて来る。灯台の手前に駐車場があり、広場のむこうに灯台が見える。青い空に青い海、白い灯台が美しい。

   

灯台から東には入り組んだ海岸線が続く。