西海の灯台 紀伊水道の灯台 友ヶ島・潮岬

todai-tomogasima.jpg (54645 バイト)        要塞の島    関連ページ友ケ島灯台

 1994年4月29日、北九州からフェリーで神戸港へ渡り、平磯海づり公園で明治26年(1893)建造の平磯灯標を撮影して、淡路島の北端に立つ江埼灯台へ向かった。明石海峡フェリーは大混雑、予約をしていなかったため2時間待たされる。

 淡路島北端に立つ明治4年(1871)建造の江埼灯台を撮影したのち、津名港から大阪湾フェリーで紀淡海峡を横切り対岸の深日(ふけ)港へ渡る。

 その日は友ケ島の富士屋を予約していたが、予定が大幅に遅れたため、友ケ島への最終便には間に合わない。事情を説明して、和歌山城の夜景が見えるホテルへ宿泊する。

 翌日、8時半の便で友ケ島へ渡る。加太(かだ)港から友ケ島までは25分、港から島の最西端の灯台までは徒歩で20分ほどかかる。途中にある富士屋に立ち寄り、魚貝類の磯焼きを昼食に予約して灯台へ向かう。

 友ケ島灯台は、慶応3年(1867)幕府が兵庫の開港に際して、その設置をイギリス公使に約束した5灯台のひとつである。幕府崩壊後、明治維新政府が引き継ぎ、明治4年から5年にかけて設置したが、友ケ島灯台は明治5年(1872)にブラントンによって建造された。

 紀伊水道の要・友ヶ島灯台

todai-sio.jpg (75723 バイト)
 
明治23年(1890)には、陸軍が海峡の守りを固めるため要塞築いたが、この時、灯台を25mほど移動して砲台を設置し、灯台直下に弾薬庫が設けられた。戦前までは600人余りが駐屯し、一般人の島内への立ち入りが禁止されていた。

 終戦から50年余、弾薬庫や砲台跡は次第に草に埋もれつつある。今では、亜熱帯植物が茂る自然豊かな遊
歩道が整備され、磯遊びやキャンプなどのレジャー基地となっている。

 コウノ巣山の頂上にある展望台から見ると、眼下に灯台と海峡を行く船、その背後には淡路島が横たっている。


todai-sio.gif (2027 バイト)
 紀伊水道の入口に立つ潮岬灯台